食べ物は生活そのもの

食べ物は生活そのもの

食べ物は生活そのもの

誰しも、生きていくために食べ物を必要としています。
だから、食べ物が生活そのものだと言っても過言ではないでしょう。
自分の現在の食習慣を意識するようになり、それぞれの食べ物が自分にどのような感情をもたらすかを繊細に感じられるようになると、自然のままの食べ物を好むようになっていくでしょう。
私たちは皆、大地の子供であり、それは私たちは自然の一部だということです。

 

良い食生活がもたらすもの

より少量の健康的な食事へと移行する主な目的は、生命力を高め、肉体的な健康を向上させることにあります。
そして、自然の法則に従った食事法を選択することによって、精神的な機能や感情もよりクリアになっていくのを実感するはずです。

 

自分自身や他の人に対する見方もより繊細になっていくでしょうし、直観力もそれまでにないぐらい鋭くなっていくでしょう。
自然と調和し、バランスが取れた食習慣を身につけることによって起き得る変化は、本当に計り知れないものなのです。
小さな積み重ねを続けることによって、生命力やエネルギーといった力が与えられるのです。

 

 

きちんと知りたい断食のこと


ホーム RSS購読 サイトマップ